GS1QRでオムニ・グローバル戦略支援!

会社情報

  • HOME »
  • 会社情報

もっとシンプルに、もっとあんぜんに!

製品と実使用者を自動認識しデータベース化(世界初!)

 

20年かけて調査研究をしてきたリコールも含む、事業者が費用対効果を最大限発揮できる製品の安全対策を、極めて短期間に導入できるシステム、「Safety Check On-Demand Technology  略称scodt(すこどっと」としてサービスを2016年8月1日に事業発表しました。(基本システムの国際特許申請中、商標特許取得済み)

当社は2002年以来、取説制作をする人を支援するクラウドによるシステム構築(特許取得済み)、それを利用し、最新PL対策の指導者を育成することが業務の主軸でした。 この度、scodtが完成したので、当社事業の目的を明確にするため、準備期間2年間を費やし、システム開発、事業環境の整備を行いました。

これにより、当社は、所定の品質レベル(注1)を確認できた取扱説明書のデータをお預かりし、リコール告知も含め、10年間配信、事前登録された時期になると自動的に、自動認識されたモバイルに対し、通知を行う、「トリセツをコンテンツとして配信する事業(scodt事業)」を主体に行うこととします。すでに採用を決定される企業様が製品実装を進めており、本年4月以降には全国での採用が決定すると予想されています。(注1:PL研究学会出版物の「取扱説明書ガイドライン 2016」、それを根拠にした取扱説明書の第三者検証やエビデンス発行はJTDNA

このため、当社は、scodtを利用される事業者に向けた、現在制作されている各企業様の取扱説明書のモバイル最適化促進を進めるために、個人・法人での取扱説明書製作をされる方々へのテンプレート(所定の手続きを行うことで無料で使用できます)の利用方法、初心者からDTPやマニュアル制作の専門家に向けた、講習会の準備を開始し、3月からを開始します。一度テンプレートを制作されれば、スムーズに他の類似商材に利用でき、社内や外注先との連携も進み、scodtのご利用も円滑に導入できることになります。大手などの場合は、社員様や外注先様の講習などを行います。

すでに一部にて公表しているように、越境ECにおける真正品トレーサビリティやGS1標準の一環として、このscodtを利用されることで、GS1パートナーである1World Syncのデータベースを利用し、グローバルな販路開拓が実現することを予定しています。

scodtを採用することで、御社の「製品の安全への取り組み」が流通小売事業者〜消費者(購入者や実使用者)に可視化されることで、商品力や差別化などが一気に進み、IoTを利用した大きな費用対効果を発揮します。2017年はscodtの元年とも言える重要な年です。皆様の事業の良きパートナーとして事業を推進してまいります。

TDNインターナショナル株式会社

代表取締役 渡辺吉明

【実績・事業経緯】

■1978年〜1995年

地上用太陽電池、EL関連R&D:昭和シェル石油(開発部)・昭石ソーラー( 現ソーラーフロンティア)・新日本製鉄新素材事業本部・椿本興業・シャープ・MSK(現SUNTECH)他

■1995年〜2013年

PL対策(製品安全、広告媒体検証関連):高島屋通販事業部(現クロスメディア事業部)・全日空商事・ニッセン・ベルーナ・伊藤忠エネクス・ドウシシャ・相田合同工場・三条印刷他多数

■2014年

  • 2014年2月、当社代表、渡辺吉明が、製品の「安全管理システム、通信端末及びプログラム記憶媒体」として、国際特許を申請、当社はその占有実施権を得て、事業化に着手、事業名称、Safety Check On-Demand Technology 略称scodt(すこどっと)として。商標登録。
  • 同年、新潟県三条市の金物卸事業者、製造事業者へのscodt導入を前提にした指導を開始、複数事業者のscodt採用を決定。

■2015年

  • scodtの試験運用を開始し、最新リコール対策として、PL研究学会製品リコール研究部会、日本テクニカルデザイナーズ協会シンポジウム、GS1セミナーなどで発表、事業者の反応調査、事業上の課題を洗い出しした。
  • 2015年12月、三条商工会議所の協力を得て会議所会員、特に三条金物卸商協同組合組合員に向けたセミナーを実施、GS1Japanの市原主任研究員とともに、世界に向けたブランド力強化戦略を組み込んだ内容とした。
  • 三条市の企業数社が、サンプリングを開始、有限会社栄工業が、経済産業省の製品安全対策優良企業表彰にて、scodt試作品を搭載した製品(トラップ)を組み入れた内容で商務流通保安審議官賞を受賞した。http://www.meti.go.jp/product_safety/ps-award/3-consumer/h27_award.html

■2016年

  • 1月~3月、月2回、合計6回(1回3時間)の当社のPL対策専門家育成講習の一環として、12名(10社)の経営者などを対象に実施、全員PL検定3級合格、そのうちの4名はさらにPL検定2級に合格した。この結果、この組織においてのPL対策の認識が極めて高くなった。
  • 2016年1月、新ものづくり・新サービス補助金を得て、Safety Check On-Demand Technology(socdt)の専用モバイルアプリとバッックエンドシステム開発に着手同年7月、製品の安全及びリコール告知の革新的サービス、Safety Check On-Demand Technology (国際特許申請中、scodt 若しくは 『すこどっと』で商標登録済み)のアプリ公開とシステムが完成、8月1日より一般に公開
  • 7月14日〜15日:リコールや製品安全マネジメントに利用されるR-mapで有名な、一般財団法人日本科学技術連盟の第46回信頼性・保全性シンポジウムにて、展示会社の発表(安全性解析・最新の信頼性】 Session5 にて、scodtを、製造開発側に始めて公表した。下記URLのPDFレポートにて、Session5の中に記載されている。両日、展示ブースには、製品安全に深く関わる関係者が来場、高い評価を得た。http://www.juse.or.jp/upload/files/news148_46rms.pdf
  • 10月1日:店舗型事務所を開設 影響拠点整備を行った。
  • 10月31日:製品安全情報を取りまとめている当社と世界の流通小売事業者の商品情報データベースを運営している1 World Sync の日本法人1 World Sync Japan Inc.により、国内の事業者向けに、世界の流通小売事業者向け商品情報提供サービスとして、2017年4月開始を目標に、共同開発を開始した。
  • 三条市にて雪害防止機器を製造する有限会社鈴文様が、scodtを全面採用し、本年度経済産業省製品安全対策優良企業表彰にて商務流通保安審議官賞を受賞した。http://www.meti.go.jp/product_safety/ps-award/3-consumer/h28_award.html
  • 11月22日:一般財団法人流通システム開発センター主催「GS1標準によるオムニチャネル環境の業務確信セミナー」にて、scodtの全容をを公表。http://www.dsri.jp/seminar_book/seminar/gs1seminar.html
  • 11月30日〜12月2日 「中小企業 新ものづくり・新サービス展2016」に出展、開催者側の大手事業者との商談会において、当社は19社との商談が実現、様々な分野のリーディングカンパニーより、scodtの高い評価を得た。http://www.shin-monodukuri-shin-service.jp/
  • 11月30日付けにて、1800万円の増資を実行、従来のコンサルティングからscodt事業を主軸に事業転換を行うこととし、役員の大幅な変更を行った。これに伴い、取扱説明書を制作保管する事業である、[トリセツデータナビ]を、有限会社祥和舎に全面委託する事とした。
  • 損害保険代理店として、これまでの東京海上日動と三井住友海上に加え、あいおいニッセイ同和損保の代理店契約を締結、店舗販売や、地域内の営業強化を図る事とした。

お問い合わせは「お問い合わせフォーム」でお願いします TEL 03-6909-6618 平日10時〜17時 (土日祭日を除く)

PAGETOP
Copyright © TDNインターナショナル株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.