GS1QRでオムニ・グローバル戦略支援!

PL対策専門家育成講習(JTDNA公認)

  • HOME »
  • PL対策専門家育成講習(JTDNA公認)

6か月でPL対策のプロに! JTDNA公認

企業のブランド力、商品力を高める、そのためには「製品の安全」が必須!

今、ものづくり〜流通小売事業者の最も求めるスキルです!!

受講ガイダンス受付開始は平成28年2月1日の予定です。

  • 製造、輸入、流通小売事業者、デザイナーやコンサルティングの方に!
  • 社会経験豊かな方、家庭用品などは主婦の知識が大いに役立ちます。
  • パソコンのワードが使えれば十分!
  • 特別な技術や知識は必要ありません。

践の知識とテクニックを得できる有料講習です。

正しいPL対策は「会社のブランド力を高める」、そして商品起因リスクを大幅に低減、すなわち販路からの評判を高め、売り上げや利益に直結します。

専門家の少ない我が国、今までは人の過失責任として保険や裁判が進められてきた自動車・家電製品・介護機器及び住宅設備などの自動運転化(ロボット化)が進むことで、今後はPL(製造物責任)が大きなファクターになります。機械器具だけでなく住宅やプログラムソフトやECや広告など、全てがその行為をもって事業を行った結果、その欠陥により消費者を含む第三者に損害を与えると。PL(製造物責任)を負う可能性が高まります。

スピード感ある時代だからこそ、他に先駆けてこのスキルを身につけることで、同業との差別化や、コンサルティング、デザイン付加価値が高まり、結果として、大きなマーケットを獲得する機会が増えます。

  • 最新のPL対策とはどのようなものなのか
  • どういう効果があるのか
  • 会社の利益になるのか
  • 市場規模はどうなのか

一例を介します。

すでに多くの実績を挙げている特定非営利活動法人日本テクニカルデザイナーズ協会(当協会*)のPL検定2級を合格し、インストラクターとなって活躍している方の報告です。

  • わかりやすい取扱説明書にすることで、クレームや返品が減り、それに比例して製品事故などが大きく減少した。(大手通信販売会社)
  • リコールや製品欠陥事故に対するネガティブなイメージがなくなり、納入先の評判が良くなった(輸入商社)
  • モバイル活用のPL対策で、販路開拓に成功している(都内製造事業者)
  • 取扱説明書の改善を通し、パッケージや広告関連の仕事を数多く引き受けられるようになった(都内デザイン会社)
  • 社内研修や社員教育にて、製品安全に関する専門知識を持った者として、より具体的なアドバイスが行えるので、保険募集効果に大きく寄与している(損保代理店)

【講習費用(平成28年前期4月・後期8月)】

受講コース 費用(税別)
1 インストラクターコース 200,000円
2 テクニカルデザイナーコース 150,000円
3 PLアドバイザーコース 150,000円
4 PL検定3級コース 30,000円
5 PL検定2級コース 50,000円
6 テクニカルデザイナー実務コース 100,000円
7 PLアドバイザー実務コース 100,000円
  • 上記4〜7は個別選択受講できますが、6・7はPL検定2級合格者のみが受講対象です。
  • グループ単位での講習になります。
  • PL検定3級はこの講習を受講するとレポート提出により合格となります。
  • PL検定2級試験は、所定の講習受講後、引き続き講習実施会場での受験となります。
  • PL検定はJTDNAのホームページに詳しく掲載されています。直接受験をすることもできますが、合格率は3級60%、2級40%程度です。

【PL検定受験料】

  • 検定受験料は上記の講習費には含まれません。
  • 2級の場合、合格点に満たない場合、再受験となり新たに受験料が必要です。
検定級 費用(税込)
PL検定3級 4,800円
PL検定2級 38,000円
  • 開催日などの詳しい情報は当社新着情報、JTDNAの新着情報、メルマガなどにてお知らせします。
  • ぜひJTDNAのメルマガに登録ください。

 

社員研修、業界団体での会員企業研修メニュー

地域製品の販売強化及び産業の活性化のための教育プログラムです。

「ブランド(商品)力強化講習」

  • 特定非営利活動法人日本テクニカルデザイナーズ協会(以下当JTDNA)公認
  • 実施 JTDNA 1種認定事業者 TDNインターナショナル株式会社

グローバル化する社会構造、特に小売フロントでは、多言語対応コストが大きな負担になっています。中小企業の集積である地場産業の活性化方針に対し、その一助として標題の地域産業社員教育プログラムを提案させていただいています。

なお本提案は、地域製品が良質であることは地域内で認識されていても、その情報が販路への対応が不十分で、結果、購入されない現状を、例えば消費者(購入者)などが受け入れやすい取扱説明書の活用を通し、「商品情報」の画期的な改革を促進し、ブランド力を高め、流通小売事業者〜消費者が賢い選択をすることができます。その結果、地域全体の産業の活性化に結びつけることになります。

1 多様化した市場構造、法環境、最新のPL対策などの理解

消費者政策の最も重要な部分である「消費者の正しい選択を促す情報の提供=取扱説明書」、特に「安全に関わる情報の提供=本体表示や注意書き」、消費者が購入する切っ掛けをつくる「広告」、さらに今はリコールを含めPLリスク対応力を高める知識を習得して頂きます。

販売を強化するには、「市場競争力」「差別化とオリジナリティ」「市場に訴求する力」が重要になります。

製品事故やリコールなど、行政が最も監視強化していることについても、今回は最新のモバイルテクノロジーを実際に搭載した製品を事例紹介します。三条地場産業の製品もその事例にあります。

2 座学とワークショップ

この講習では、「最新!PL対策解説書」をテキストとして知識修得、団体の会員様の取扱商品などの取扱説明書やパッケージの検証を行うワークショップを通して、講習を受けた後に自社取扱商品の改善に向けた取り組みが出来るよう進めます。

3 実務に反映するための研修

  • 取扱説明書の見直しをするための基本的な知識、自社内の設計品質や製造品質及び販売後の保証などの一連の社内規定などの見直しを行います。
  • 社内体制の見直しと整備のための知識を習得します。
  • 事故発生時の対応、重大事故を受けた後の対応、リコール対策などを確認します。

4 商品情報の管理と利用

設計図書としての取扱説明書の位置づけを理解することで、設計意図を製造品管、アフターサービスへの反映、様々な媒体における適正広告の監視とマネジメント手法・事例、モバイルを活用した最新の取り組みの紹介などを通し、最新のPL対策の理解を深めます。

  • 高機能、多機能化の促進
  • 安全情報の発信とモバイル内での自動決済など
  • 取扱説明書の多言語対応による効果
  • 商品寿命到来の通知やリコール告知への利用
  • 実使用者情報を得ることによる新たな販売市場の展開など

5 まとめ

当社はH14年より取扱説明書をモバイルコンテンツとするためのシステム開発運用、取説制作ノウハウの蓄積、行政情報の収集や消費者対応などについての研究開発を行っています。これらの情報を基に既に多くの実績を上げています。(中小企業〜大手の流通小売事業者、製造メーカーなど)

今回の講習では、PL検定(2011年2月よりJTDNAが実施)を受験することで、客観的な履修効果を確認することができます。、既に多くの方、事業者が利用され、効果を挙げています。

6 講習内容(講習時間、内容は調整させて頂きます)

  • 受講費用 一人100,000円(税別)
  • PL検定3級受験料(講習履修とレポート提出により合格)4,800円(一人 税込)
  • PL検定2級受験料(会場受験)38,000円 (一人 税込)
三条地場産業ブランド(商品)力強化講習プログラム
講 習 内 容 時間(分) 目       的
1 PL対策の基礎、法律や考え方 60 商品情報と商品そのものついて、PL対策の思考と正しい実施による消費者安全の重要性を理解
2 最新の流通小売業界 30
3 商品供給者に求められること 30
4 質疑応答・意見交換 30
1 自社製品販売ツールの見直し 30 最新の製品安全と消費者安全政策をどう活かすか、その結果はどういう効果を生むのか
2 自社内の品質に関わる規準見直し 30
3 デザイン〜設計〜販売〜消費への反映 30
4 自社商品の現状見直し意見交換 30
5 PL検定3級受験 60 PL対策の基礎の習熟度を確認
1 最新のPL対策の導入 30 最新のPL対策を実施するための社内体制、取引先などとの協力、情報共有の重要性を実例をもとに評価検証する
2 流通情報と物流 30
3 社内環境のあるべき姿 30
4 問題点の洗い出し 30
1 取扱説明書の意義及び役割 30 取扱説明書が設計図書であるという認識と、その内容を見直す事で、本体表示や広告物への影響と失敗事例の検証
2 取扱説明書ガイドラインの説明 30
3 取説の実務訓練 30
4 取扱説明書〜本体表示〜広告 30
1 売れるための商品情報 30 クライアントへの営業アピール力強化
価格競争から質への転嫁アピール
製品の改善及び営業力によるブランド化へへ着手と開始
2 売った後の責任を達成 30
3 消費者が求める情報 30
4 消費者対応への考え方 30
1 ICTを利用した取り組み 30 自社製品及び地場産業のブランド化
2 国際標準の中での取り組み 30
3 PL検定2級受験 90 消費者(使用者)に対する安心・安全を提案できる営業及び事業者であることの証明
  • 内容にについては、団体や企業の事業特性に合わせて事例やテーマの変更も可能です。
  • 講習を1日に集約し、3日程度で終了することも可能です。
  • ご希望、ご予算など、何なりとご相談ください。
  • 実施事業者  JTDNA一種認定事業者 TDNインターナショナル株式会社

お問い合わせは下記からお願いします。電話応対は当社担当よりさせていただきますので、連絡先電話番号ももれなくお知らせください。

問い合わせフォームはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせは「お問い合わせフォーム」でお願いします TEL 03-6909-6618 平日10時〜17時 (土日祭日を除く)

PAGETOP
Copyright © TDNインターナショナル株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.