scodt 2次仮代理店契約のご提案

scodRのサービス取次を行う代理店は、1次代理店とその傘下の2次代理店にて構成されています。2年間を限度に、預かり保証金(デポジットと称します)を当社に預けて頂く事で、2次代理店権利として、取次収益を挙げることができます。

以下に詳細を記載します。正確な内容は、契約書をご参照ください。

(1) 2次代理店仮契約条件

  • デポジット 100万円前払い(預かり保証金)
  • これにより scodt販売窓口として、2次代理店仮契約を行う
  • 手数料は20%還元、100件受注ごとにボーナス支給
  • 営業を担当する方は必ず、PL検定3級を受けること(2級は代理店意思決定後、正規費用支払い決定後)並行して概ね、6時間の研修を受ける営業窓口としての基本知識を習得
  • 営業先を紹介しますが、基本は自社環境の中の関係先に案内してください
  • アテンドツールなどは当社指定のものを使用します
  • 契約期間は2年間とします
  • 途中での本契約移行もできますが、契約満期2カ月前の時点で正規の代理店契約を行うかどうか、意思決定をしていただきます
  • 意思決定した場合は、正規の代理店契約に移行し仮契約は新たに正規の契約書を作成、そのまま業務を継続、また、一次代理店への切り替えも可能(状況判断)
  • 仮代理店契約を解約する場合は、教育費用(満期解約20万円)をデポジットから差し引き、差額を契約満期翌月に所定の口座に返金、これにより清算処理を完了します。以後、当事業における取引先情報については、守秘義務が継続します。
  • 継続が決定した場合は、当社もしくは一次代理店傘下に移行します。
  • scodtRは一次代理店もしくは当社が代金収納を行うので、2次代理店は手数料還元となります。
  • 法人格がない個人でも代理店ができることとします。とはいえ、業務契約なのでみなし法人としての契約であり、消費者契約法には適用しません。
  • 個人情報の取扱、募集契約に関することなどの条件は法人契約と変わりません。

(2) 収益について

  • scodtRの代理店収益は、JANコード単位による1アイテム新規登録料(15,000円)及び翌年以降の更新料(一般工業製品の場合10,000円)の20%となります。
  • 収益予想:毎月10アイテムを新規で受け付けると、初年度は、15,000円×120アイテム×20%=360,000円の手数料が入ります。

③. 翌年は新規120アイテムと前年更新率を50%とすると、360,000円の新規手数料と前年更新分10,000円×60アイテム×20%=120,000円の合計48万円となります。

④. 3年目は単純計算で54万円の年間手数料が得られ、4年目は57万円となります。なお、4年間の手数料累計は195万円となります。

  売上額 更新料 手数料(20%) 手数料累計
1年目 1,800,000   360,000 300,000
2年目 1,800,000 600,000 480,000 840,000
3年目 1,800,000 900,000 540,000 1,380,000
4年目 1,800,000 1,050,000 570,000 1,950,000
  • .食品などの場合、更新がより頻繁になります。また、取扱説明書の相談などを受けられるようになると、その相談料や制作料などを受託することも可能となり、収益チャンスが広がります(バックアップサポートのシステムを利用できます)。
  • 広告(DM)への利用が進んでいます。DMの送料などが値上げをする中で、広告費用対効果を大幅に引き上げるシステムとして注目されています。大手通販などでも検討に入りました。ぜひこの機会に代理店権を獲得し、印刷、デザイン、特にwebデザイン、商業動画などの販路拡大などに利用ください。
  • 大手採用になるとその会社に口座のある印刷会社などが大変有利です。一次代理店になる事も可能です。

具体的なご説明などをご希望の方は下記までご連絡ください。

TDN社インターナショナル株式会社 担当 渡辺欣洋 問い合わせは info@tdn-japan.com