新型コロナウィルスの感染状況も収束し、6月より様々な事業が再開します。バブル崩壊に良い国内でデフレが進み2007年から2009年はリーマンショックにより一気に粗悪品の事故が急増、経産省で製品リコールによる規制強化が始まりました。今回は人の移動を禁止され事業も一気にテレワーク、クラウドサービスに移行しました。すでに中国では日本駐在員もいない中で生産が再開されています。国内の産業も一気に回復に向かいますが、マスクでもわかる通り粗悪なものも急増します。品質管理=品質保証は機能しますか?

リコールなどの規制も進みますから、最新のPL対策で新たな産業構造での理論武装をしてください。これまでの「製品事故発生ベース」ではなく「事故未然防止」にシフトし、リスクを低減した取り組みをしていただくための知識をPL検定で確認してください。

詳しくはhttps://PL-taisaku.org