本年4月に公開される「最新!PL対策解説書2019」の発売前に、当解説書とPL研究学会出版の「取扱説明書ガイドライン2016」の著作者である当協会理事長の渡辺吉明によるPL検定合格者のPアドバイザー向けの有料講座です。一般の方も参加できますので、Society5.0超スマート社会に大きく変る時代の節目に、最新の製品安全、リコール対策、取扱説明書の改善などの具体的な方法を習得してください。

PL検定を合格した方はJTDNAの会員資格を有していますので、会員費用となります。上級合格者は取扱説明書の検証プログラムの研修を受け、仕事に反映させてください。

解説書の内容などは>>

  1. 参加費用(最新!PL対策解説書2019 販売価格5,800円込み)
  2. 費用:PLアドバイザー、テクニカルデザイナー15,000円、一般30,000円(税別)
  3. 費用のお振込みは受付後、JTDNA事務局よりメールで連絡します。当日緊急で参加できない場合のみ次回への振替ができます。
  4. 途中退場されても参加費はお返しできません。
  5. 定員20名まで
  6. 会場 板橋グリーンホール504会議室(三田線「板橋区役所駅前」徒歩4分、東武東上線「大山駅」各徒歩6分)
  7. 開催日時  平成31年3月14日(木)13時受付開始 13:30〜19:00
  8. 内容(内容は変更することもあります)
  • モバイル社会におけるデジタルデータの取扱説明書の作り方
  • 危険の洗い出しの点検(これまでの業界団体などのガイドの見直しが始まっています)
  •  本体表示との相関
  • 取扱説明書検証ワークショップ
  • 製品安全スマート化で求められていることへの対応
  • 海外でのリコール監視強化や国内動向への対応など

詳細や申し込みは
Jtdnaの公式サイト セミナー案内>>