産業機械、食品など、あらゆるもの品質保証の見直しを!

本質安全と販売後の品質保証、その成果はリコールの際に一気に露呈します!

「我が社は大丈夫!」といった多くの会社が今、エンドレスのリコール対策に追われています。広義の品質保証では当然、迅速にリコールを実施し事故の未然防止ができることです。Society5.0「超スマート社会」はもう始まっていて、キャッシュレス、5Gによる自動運転などが次々に実用化されています。「製品安全対策」も例外ではありません。
  • リコール・自主回収の監視強化と厳罰化が進められています
  • 今のままで何とかなる・・・はず!?
  • 弁護士さんがいるから大丈夫・・・大手がなぜ今の状況になっているのでしょうか?
  • 取扱説明書は今のままで問題ない・・・業界団体のや国も既にガイドは2015年に破棄されています
  • 個人情報についての規制罰則強化が審議され、厳しい罰則については大きなリスクになります。これまでのように集めれば良いのではなくなります
まずは無料相談をご利用になりませんか。

当社は2002年から現在の産業構造を察知しいち早く、取扱説明書のデジタル化とモバイル対応のご指導をしてきました。その間、「取扱説明書のガイドライン(現在はPL研究学会にて発行)」、「最新!PL対策説明書」等を当社代表が執筆し、今では品質保証分野、製品安全分野、流通情報グローバル標準化機関(GS1 Japan)、消費者政策、製品安全政策などの関係の国や機関などと「製品リコールの研究」も開始しています。牽引しているのは当社代表です。ご相談は基本的に当社代表が対応致します。

  • 無料相談は一社1件、概ね1時間程度で、当社にお越しください。
  • 複数対応で、1時間を越える場合は有料相談となり、必要なガイドや解説書などの費用を含め3時間程度で3万円(税別)となります。遠方から来られる場合は、事前に相談内容を下記の受け付けフォームにご記入してください(取説などは既存のもののリンク先、若しくはPDFでお送りいただくとより具体的にご対応できます)。
  • 出張相談、社内セミナー〜社内研修などの相談も承ります。
  • 農業技術クラスターの会員、PL検定合格者、jTDNAの会員、PL研究学会員、農業食料工学会の皆様には20%の割引を適用させて頂きます。
  • ご相談は必ず当社webフォームからお願いします。
  • 事前準備やご相談の確実性を図るため緊急事以外は電話相談や直接来社は受け付けていません。
  • ご相談は   https://tdn-japan.com/contactus/
食品〜消費生活用の機械や一般消費材〜産業用資機材などあらゆる分野に対応!
  • 食品衛生法の改正で「自主回収・リコール」は2021年から規制監視対象として全て届出制になります。
  • これまで労災分野ということで隙間案件になり消費者政策(PL法や消費者安全法など)の対象にならなかった農作業や建設現場などのでの製品欠陥や重大事故の原因製品などの規制が強化されます。規制強化は食品衛生法同様、自主回収やリコールの行政監視です。
  • 品質管理だけでは品質保証領域をカバーできません。自社内の狭義の品質管理・検査だけでは、多様化した販路、中古品再販などによるリスクを回避できず、今すぐ各部門を横断的にマネジメントする新たな取り組みが急務です。
  • 特に取扱説明書や本体表示については、素人でも判断できるものです。モバイル最適化・多言語化などへの適合性が重要になり、単にwebサイトのポータルで管理する時代では無くなりました。
  • 流通や小売もこれからはグローバル標準を進めないと孤立化し、事業持続性に大きく影響します。対応方法は当社にご相談ください。
  • 無料相談はご予約ください。トリセツなどの見直し相談から多言語対応、モバイル最適化などが品質保証の入口、ぜひご相談ください。
  • 当社は日本では数少ないPLやリコール対策の専門会社です。PL保険やリコール保険などの相談も承ります。

整備士などが使うサービスマニュアルと消費者の為の取扱説明書は異なります!

まずは取扱説明書の改善が少なくとも3年に一度は必要です。社会環境の変化が大きく影響しています。古いマニュアルを根拠とした方法では今の社会に適合しません。特に産業機械では概ね1995年(平成7年)のPL法施行当初のままになっている事が多く、事故の未然防止効果も低く、これからリコール・自主回収の監視強化が進むと、製品事故原因究明も明らかになり、労災と消費者安全の観点でのこの書類の改善が重要になります。

  • 誰の為のマニュアルなのか
  • 対象者の知識で理解できるのか
  • 保証規定などで自社都合を強要していないか
  • 多くの影響拠点が相談窓口になっているとひやりハットを含め情報一元化が図れない事など
簡易検証プログラム(無料)で70ポイント以上でないと未然防止効果はありません。ぜひ検査してください>>

PL検定初級テキストは無料でDLできます!

掲載産業省の「リコールハンドブッック2019」では具体的な方法は解説されていません。当社の対応は下記の無料配付資料(PL検定初級用2019年版)で概ねをご理解いただけます。1はリコール対策も含む最新のPL対策(広義の品質保証とご理解ください)、2は「取扱説明書ガイドライン2016」を根拠とした取扱説明書の解説です。

PL検定初級テキスト無料DL>>

以下は取扱説明書や最新の品質保証を含めたPL対策の専門家育成です。

  • パソコンのワードが使えれば十分!
  • 特別な技術や知識は必要ありません。
  • 土日のガイダンスをご希望の方はご一報ください。

ご案内のチラシ(PDF)はこちら>>

践の知識とテクニックを得できる有料講習です(随時募集受け付け中!)

講師は、一般社団法人PL研究学会出版の「取扱説明書ガイドライン2016」などの執筆者で、1995年から全国の大手、中小企業のメーカー、流通小売り、大手通販などへの製品安全対策を指導している当社代表です。

  1. 3年に一度、専門家の育成として2002年からTDNスクールを行なっています。首都圏では6年ぶりに行います。
  2. 未経験な方ほど新たな着眼点で良いものが作れます。
  3. プロのデザイナーも商品コンテンツの源泉の取扱説明書を勉強することで、製品に関わるあらゆるデザイン関連の仕事を一手に引き受けられます。
  4. 企業の製品安全対策や取説、webコンテンツ制作担当、マネージメントを行う方は、制作ノウハウを通し、外注や仕入先などの指導を行い、自社製品の品質向上、特に販売後のアフターサービス品質を一気に高めることができます。
  5. 退職や自宅での仕事を探している方は、これまでのノウハウを存分に活かせ、新たな活路、社会貢献ができます。
一例を介します。

PL検定上級を合格し、インストラクターとなって活躍している方の報告です。

  • わかりやすい取扱説明書にすることで、クレームや返品が減り、それに比例して製品事故などが大きく減少した。(大手通信販売会社)
  • リコールや製品欠陥事故に対するネガティブなイメージがなくなり、納入先の評判が良くなった(輸入商社)
  • モバイル活用のPL対策で、販路開拓に成功している(都内製造事業者)
  • 取扱説明書の改善を通し、パッケージや広告関連の仕事を数多く引き受けられるようになった(都内デザイン会社)
  • 社内研修や社員教育にて、製品安全に関する専門知識を持った者として、より具体的なアドバイスが行えるので、保険募集効果に大きく寄与している(損保代理店)
  • リコール対策にも影響することがわかり、経営者から期待されている!

【講習費用(2019年後期11月以降申し込み)】

受講コース 費用(税別)
1 インストラクターコース 250,000円
2 テクニカルデザイナーコース 200,000円
3 PLアドバイザーコース 200,000円
4 PL検定初級コース 30,000円
5 PL検定上級コース 50、000円
—— ——-
—— ——-
  • PL検定上級、初級コースは検定合格のためのポイントレッスンで料金は上の料金表4・5になります。検定受講料金は下記に示しています。
  • 最大10人のグループ単位での講習と個別指導を並行します。
  • PL検定初級はこの講習を受講するとレポート提出により合格となります。
  • PL検定上級試験は、所定の講習受講後、引き続き講習実施会場での受験となります。
  • PL検定は一般社団法人PL検定協会のホームページに詳しく掲載されています。直接受験をすることもできますが、合格率は初級60%、上級35%程度です。
  • 申し込み手順:下記の申し込みフォームに登録いただくと、申し込み書類を登録されたメールアドレス宛にお送ります。それを良く読んで重要事項確認と申込書に必要事項を書いて必ずファックスにて送信ください。

講習の申し込みは  こちらから>>

お問い合わせフォームは  こちらから>>

講習内容のガイダンスは平日10時〜16時!

確実にご対応するために、必ず問い合わせフォームで、ご希望の日時をおしらせください。当方からメール宛に返信しますが、gmailブロックを外してください。

その方法がわからない方は「講習内容のガイダンス希望」とかいて、携帯(スマホ)電話番号を問い合わせフォームにご記入ください。ショートメールで担当がお送りますので、その上でその電話にて日時の確認をさせていただきます。

【PL検定受験料】

検定級 費用(税込)
PL検定初級 4,800円
PL検定上級 38,000円

開催日などの詳しい情報は当社新着情報、JTDNAメルマガなどにてお知らせします。

ぜひJTDNAのメルマガに登録ください。

社員研修、業界団体での会員企業研修メニュー

  • この講習は企業や団体の研修に利用されています。
  • 地域製品の販売強化及び産業の活性化のための研修プログラムもご用意しています。

お問い合わせは下記からお願いします。電話応対は当社担当よりさせていただきますので、連絡先電話番号ももれなくお知らせください。

問い合わせフォームはこちらから

ご来社の場合は 

東武東上線 池袋から各駅停車で3駅「大山駅」を」下車、板橋グリーンホールを目指してください。グリーンホール手前の遊歩道を右に進み、ホール先の左側1Fです。徒歩でおよそ5〜6分です。

都営三田線 「板橋区役所前駅」を出て区役所前の山手通り向かい側のデニーズの脇の道を進んでください。デニーズから徒歩で数分、板橋税務署の先の右手です。

  • TDNインターナショナル株式会社(JTDNA1種認定事業者)
  • 東京都板橋区氷川町47−4 アビタシオンK 1F
  • 電話 03−6909−6618
  • info@tdn-japan.com