経済産業省では2018年7月に「海外の販売者にも日本の製品安全に関わる法律や基準を適用する」と、「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」の改訂を行いました。この改訂によって国内外の大手モール事業者に対し、製品リコール品を市場に供給しないための対策を求めています。

通常、流通小売事業者では製品パッケージを開けて中身を確認することはできません。そこで、世界的な流通業を中心とする情報標準化機関GS1(本部ブリュッセル)が批准しているQRコードであるGS1QRを利用した当社のシステムを利用することで、自動認識により大量な類似品や同一のGTIN (JAN) の中からリコール対象のロットだけを選別し、出荷を止めることができます。

注3  GS1 は世界の流通情報の標準化機関で、JAN コード(世界ではGTIN)はその機関の発行する商品認識コードで日本では、(一財)流通システム開発センターが窓口です。Amazon やGoogle など世界の大手流通小売はこの機関の主たるパートナーです。

注4  GS1 で批准されている自動認識用の2次元シンボルです。QR コードではGS1QR が唯一であり、ISO にて定められたAI で様々なコードを連結する事ができます。