このシステムの最大の機能は、購入者や使用者自身が購入後その製品の安全性をモバイルでダイレクトに簡単に確認できることです。

メーカーサイトに埋もれた取説、リコール情報などを探させるのではなく、本体パッケージのGS1QRで瞬時にモバイルで誰でも確認できるのはこのシステムだけです(特許取得済み)

サービスの詳細は https://scodt.com

これまで、製造者は、製品設計などでの最新の安全装置などの開発し、厳格な品質管理と販売後の品質保証をを通して安全対策を進めてきました。販売後に欠陥などが発覚すると自主回収や竿後はリコールにより対応シナケレバなりません。「広義の品質保証」としてはいわゆる特にPL対策は対策として事故未然防止から事故発生後対策を組み込むことは訴訟社会、規制監視強化の進むSociety5.0超スマート社会では産業や市場構造の変革に合わせた社内体制や対応システムが必要になりました。

2009年から国内でもリコール対策が問題になり、様々な方法で国が指導してきましたが、リコール回収率を見る限りその取り組み効果は改善されません。特にグローバル化、モバイル社会となった今ではこれまでの方法では、ますますリコール本来の「事故の未然防止」としての意味が薄れています。その問題を自社で解決するには多くのハードルがあり、大手でも未だ具体的な対応方法ができていません。そこで、PL法施行時から専門に研究を進めてきた当社にてクラウドサービスとして個人の自営業者から大企業、メーカー、流通小売、などが利用できる最新のシステムを開発、サービスを提供しています。