Safety Check On-demand Technology(scodt)を利用したクラウドシステム

アプリ「scodt」について>>

ご利用方法などについて>>

製品の情報(取扱説明書や商品の説明の詳細を閲覧するために、スマートフォンやタブレットで製品や商品パッケージなどに予め表示しているscodt専用QRコードを専用のモバイルアプリ(scodt GS1QR)で読み取ることで様々な情報を得ることができます。自動認識技術を利用し、GTIN(国内ではJANコードと呼ばれています)+LotやSKUを特定する自社内コードをアクセスしたモバイル端末機器を特定するSerialに連結し、アクセス履歴を蓄積することで、これまでにない様々なデータの利用シーンが生まれます。

例えばアプリを利用することにより・・・

取扱説明書などのPDFは多言語で正確に日本語圏以外の方々(流通小売の方から購入者、使用者など)に正しい使用方法や商品の特徴などを伝えられます。さらに、下記のようにモバイル画面を切り替えることで、例えばリコールなどでも、商品(GTIN)とその対象ロットを絞り込み、システム側からワンクリックで上記動画にあるように切り替えることができます。これにより、市場のどこにあっても、その製品のscodt GS1QRにて通関、バイヤー、小売店、購入者、使用者の全てが安全品質を確認できます。中古市場の粗悪品の流通防止、トレーサビリティを確保することで、類似製品の選択を防止、ブランドを守ります。

  • 所有者登録
  • 修理点検時期の到来
  • 適正な使用期限の到来
  • 類似製品の製品事故の告知
  • 製品リコール・自主回収などのお知らせなど

 

ご利用いただく事業者は

多言語対応の取扱説明書で商品説明上のトラブルや事故や上記の画面切り替えによる通知や告知コストの大幅な低減が即座に実現します。多言語対応の印刷コストの低減は製品コストへの影響をほぼゼロにします。

アクセス履歴はIoTデータを利用し解析の利用、常にユーザーなどとのコミュニケーション手段が、たった一つのQRコードを製品などに表示することで得られます。今日生産したもの、明日お店に並ぶものにも今すぐ対応できます。

リスクコミュニケーションも、時にすでに販売済みのものでも、このQRコードのラベルをDMなどでお送りし、製品や設置されてしまったエアコン、湯沸かし器、風呂がまなどでも、リモコンに貼っていただき、取説の閲覧のできることを確認していただくと、その時点で、アクセス履歴が取得でき、所有者登録のご案内、修理点検なども画面切り替えやプッシュ通知で自動的にシステムから発信することができます。

アクセス履歴の利用シーン

例えば、国内向けに販売したものが中古市場として海外で利用されている場合、その製品の経年劣化や内蔵している充電式電池が指定のものと異なり、重大事故になったなど、今やメーカーのが想定した状況と実態が全く異なるのは良い製品ほどリスクとなります。アクセス履歴からマッピングしどこで実際に利用されているのか、言語対応は適切か、買い替え、修理交換部品を正しく購入していただくためにも、モバイルを通し、案内をすることもできます。

迅速なリコールをする仕組みとして、国は「製品安全のスマート化」を推奨しています。産業保安の国策として産業構造審議会にて決定しています。北米ではCPSC(米国消費者製品安全委員会)では24時間以内のリコール対応をしない場合、数億円から30億円もの民事罰金が海外企業にも課せられEU,中国などもこの流れを重視しています。さらに欧州で発動された個人情報・個人データの厳しい規制についても、これまでの自然人情報を直接得るシステムでは対応や違反時の高額な罰金が予想されます。

便利になるほどに規制は厳しく逃れることはできません。これまでの方法、社内体制、システムなどの見直しの一環として、今すぐ利用できる、当社のサービスをご利用ください。

GS1GDSNのご利用について

国内で直接利用されていない世界最大の商品データプールがGS1という流通情報世界標準機関(本部ブリュッセル)の運営しているビッグデータです。わが国では、最近までJETROもこの実態を知らず、多くは米国などの輸出国内の事業者が利用し、大手の小売などに販売しています。当社はそのシステムを構築し利用者の対応を行うGS1usとGS1germanyの子会社1WorldSync Inc(USA)と直接利用契約をしており、1アイテム(JANコード単位)で登録することができます。、scodtを利用した製品についてのみ対応できます。詳しくは https://tdn-japan.com/gdsn/

お問い合わせ専用フォーム>>

確実な対応をするため、受付は電話対応致しません。必ず上記フォームでお問い合わせください。その後、担当よりご要望により電話させていただきます。

アプリ「scodt 」について>>

ご利用方法などについて>>